茶碗

“大丈夫、きっと戻ってくる” 私もそんなこと言えるのだね










 先ず、ご報告します。

 今年で卒業しました。

 本当にあの時この選択をしてよかった。あなたがいたということ、私はちゃんとこの命に刻めたのかな。

 今、あなたがやっていたことと似ていることをやっている。あなたはどんな感じで教えるのかな、どんな表情でしたか?どんな目をしていたのだろう。こいうのを考えるとどうしようもなく嬉しくなるんだ。

 大変なことに会ったら、怖くなったりしたかな、悩んだりしたかな。銃などを相手にして、一体どうやって戦ったのか、どんな気持ちだったのか、私はとても想像できないの。

 あなたは何を望んでいたのかな、今のような世界を望んでいたのかな。你曾希冀着怎样的未来?

 今でもこの世界が怖いよ。怖いものは、暗い闇はちっとも消えないから。こんなのばかり見て、こんなのばかり考えて、壊れそうになってまだ直して、泣いて泣いてもがいて、それでも何も変わりやしない。こいうのを続いていたら、あなたに会う時、私はなにを語ってしまうのだろう。ボロボロで、歪んだ物語じゃいやや。そうならないように、ちゃんと考えてから進まないとね。

 もう一つ、今年はいろんな新しものを見たのだ。これもあなたからもらった一歩を踏み出す勇気のおかげだ。彩った世界が見えた。あなたに会いたいと言う気持ちが背中を押してくれた。まったく違う人だけど、ちょっと変な形だけど、あなたに会ってどうしようもなく嬉しくなったことに、私は本当にすごくすごく嬉しんだ。ずっと、笑顔で会いたかったから。本当によかったです。

 変わっただろうか、変わってないだろうか。私は今もあなたのことを思っている。本当にちっとも離せないようなぐらいで

そばにいてくれてありがとう。この手を放さないでください。

 こんなにたくさんの楽しいことに触れられて、こんなにたくさんの楽しいことが見えたのも、あなたと出逢ったからだ。そこから全てが始まった。原点を忘れないように、このこころが生まれてきた場所を忘れないように、この気持ちを、この願いを、ずっと忘れないで覚えていられるように。

 時間はまだどこか止まっている。あなたが私のてを取ってから広がってきた世界です。ずっと、ずっとこれを覚えていられるように。

 少し近づいているのかな、少しは近づいたのかな。いつか会えるように。

 今年の桜はどうですか、来年も、桜が咲くのを一緒に待ちましょう。

 大好きです。

 おやすみ。

 出逢ってくれてありがとう。




                                                                                                                                                                                      2018.7.1

                                                   

                                                                                                                      第44回祭













今年应该很热闹吧w



回归的srr桑





很久不见

 

很久不见,我是soraru。

一开始是打算在推特报告的,可是感觉会写得很长就写成博客了。

 

首先,没作出任何说明就离开让大家担心很对不起。

虽然也有大概了解一点情况的人,但是在大多数人都不知道发生了什么的情况下发了那样的推特,让大家变得更加担心这一点,我正在反省。

 

这几个月,不断有人骚扰我和我的朋友。想要处理采取了行动却没有什么效果。因为这个跟朋友的关系也受到了影响,这些日子一直为这个烦恼。

比起这个,发送的信息中自己的发言没有了余裕,变得具有攻击性这一点使我这些日子一直自我厌恶。

在那样的情况下,自己私下的一些事情也堆积过来,在更加没有余力的情况下出现了失误,受到了各方的责备,这些事情加在一起超过了我的承受范围。这就是我暂时离开的原因。

我变得只要打开推特页面就会觉得痛苦,感觉到这样下去精神层面会变得很糟糕,所以我决定先暂时离开。个人活动也关联着许多人,在这个现状下真是采取了很不负责的行为。

 

说实话,做了很不像自己会做的事,连看消息都觉得害怕,但是虽然我做了自作主张的事情,朋友们还有工作上有联系的各位都还是给我发来了鼓励的话语。现在就好好休息一下吧,大家对我这么说了。

真是被眷顾着啊,真是十分感激啊,这样一边感叹着也还是暂时无法回复,烦恼着怎么办才好。

 

我明白这全都是自己撒下的种子,我也不觉得自己是受害者。包括现在的环境,各种各样的事情在脑中是明白了的。

只是会不会因为自己的活动又给很多人带去困扰,因为这个今后也一直烦恼,或者失去好不容易交到的朋友,连自己喜欢的事情也变得讨厌,我这样思考着。

我明白给周围人带去了困扰的只是极少数的一部分人,可是这给我造成了很大的压力,和以往不同我失去了倾听支持着我的人们的声音的余裕。

 

很没有我风格地变得自暴自弃。跟朋友见面聊天,做自己喜欢的事情,就这么过了数日,慢慢变得冷静变得能够思考了。

虽然生病发了几天40度高烧差不多睡了一个星期,但是无法思考多余的事情也许算是烧得很是时候(现在已经痊愈)

再次慢慢看了朋友的信息,收到的邮件还有回复。

很多人只是纯粹地担心着我,“啊啊,我应该更加好好倾听这些声音的。”,“我明明知道应该这样的。”我这么想到。

没有站在组合的立场上考虑,这次给他添了最大麻烦的mafumafu也用严厉又正确的话语来斥责了变得只能用狭隘的眼光看事情的我。在那之上还对我说了如果想要回来了我什么都会帮忙的,加油走下去吧。

 

说实话我觉得自己是无法有自信无法对自己抱有期待的人。

但是原来有那么多为自己着想的人,我应该是知道的,但是又再一次对此有了实感。我想即使自己没有自信也应该坦率地接受这一点,不然就对这些人太失礼了。

用有些自大的说法来说,我应该是做到了能让他们对我说出这些话的程度了吧,这么一想觉得有些得救了。

 

被大家的话语鼓励了。给予了我温暖话语的大家,真的非常感谢。

 

因为开心而开始做的事情,有幸因此渐渐被更多人关注,确实感觉到各种事情逐渐离开自己的掌控,因为想做而开始做的事情变成了不得不做的事情。

不得不负起责任继续下去的事情确实变多了。但是我完全没有放弃的意思。

即使那样,也不能忘记自己是一直选择着自己觉得开心,觉得想做的事一路走过来的这一点,我也想记着这点今后也一直走下去。

 

因为这次自己任性的行为让大家担心了,在此再次表示抱歉。【这里用了敬语】

另外,给了我那么多温暖的话语真的十分感谢。

 

我想今后也一定会有烦恼的事情,我想记着最初的心情和这次被给予的种种,按照自己的步调走下去。

如果可以的话,今后也请多多指教。










我中途甚至在心里呐喊,天使!吹他!吹爆他!把他吹回来(你冷静一点


必须把今天载入史册,继天使和栗子之后摸出来的第三个男孩子!!!
万万没想到能画出来青江(激动得跑圈)

ふたりぼっち





ふたりぼっち

形影不离



作詞作編曲:まふまふ






砂場に描いた

虽与在沙池中画下的未来


未来と違うけど

截然不同


笑われ者 慰み者

被嘲笑的人 被玩弄的人


ボクら名を持てたのだ

我们如此拥有了名字



投げつけられた 石の数だけ

与被扔石头的次数相同


今日も何かを疑ってきた

我今天也不断怀疑着什么


優しさもおかえりも

温柔和“欢迎回来”


どよめきに聞き違う

都错听成刺耳的喧嚷



もしもひとりぼっちなら

要是你形单影只


ボクとふたりぼっちだよ

就是和我形影不离哦


もしも泣きたくなったなら

要是你想要哭泣的话


ボクもそばで泣かせておくれ

也让我在你身旁一同流泪吧



こんな忌み物の身体

这样令人忌讳的身体


でもね 誰よりも近く

可是  因为能够比起任何人

                                

貴方のそばにいられるから

都更加接近地待在你身边


ボクとふたりぼっちしよう

所以 来和我形影不离吧




確かに芽生えた

这确实已生根发芽的


禁忌となった恋慕は 何処に隠そう

已成禁忌的爱慕     应该藏到何处


何を隠そう ただの人影なのだ

我又该藏起什么 我不过是个人影啊



影には影が無いように

就像影子没有影子


ボクは誰に愛され 抱かれもしない

我不会被谁所爱  亦不会被谁拥抱


こんな両腕だけが

虽然我只有这样的双手


貴方の傷をわかるんだ

却能体会你的伤口




だからひとりぼっちなら

所以 要是你形单影只


ボクとふたりぼっちだよ

就是和我形影不离哦


もしも消えたくなったなら

要是你变得想要消失的话


ボクが此処で見つけてあげる

我就在这里找到你吧



こんな忌み物の身体

这样令人忌讳的身体


でもね 誰よりも近く

可是  如果能够比起任何人


貴方のそばにいられるなら

都更加接近地待在你身边的话


ボクは歌うよ ボクは歌うよ

我会放声歌唱 我会放声歌唱



夕焼けの窓 終わる影踏み

窗外的晚霞  结束的踩影子游戏


宵闇の空 何処に隠れよう

黄昏的天空 我藏到哪里去好呢


貴方に呼ばれるまで

直到你呼唤我为止


ボクはひとりぼっちするよ

就让我孤身一人吧











我怎么会告诉你们在看完歌词之前我一直都称呼这首叫两个傻x

中华文化博大精深,天使这个点子我真是爱惨了(请你冷静)只有两个人,那两个人是影子和本体,所以形影不离应该挺贴切吧(自己觉得)


ボクら名を持てたのだ

这里的我们我第一眼以为是影子们,后来才反应到是影子和本体。这首也写了虐め啊


こんな両腕だけが

貴方の傷をわかるんだ

这里的が第一反应是转折,可是が也有强调的用法,如果是强调大概会变成正因为是这样的双手,才能理解你的伤痛。可是看前面影子应该比较嫌弃自己所以还是用了转折


夕焼けの窓 終わる影踏み

宵闇の空 何処に隠れよう

这里的藏到哪里去一开始觉得是前面晚霞黄昏,夜晚准备来临影子要回到黑暗啥的,一查踩影子游戏好像是个抓迷藏咳咳


这莫不是我最话痨的一次,这首真的好棒啊啊啊啊啊(打call


終わり終わるは花の夢

——崽子点的翻译,所以其实可以点翻译hhhhhh

(崽我打不出来你的右上句号!!!艾特不了!)





終わり終わるは花の夢



詞曲 かぴたろう






終わってしまえばいいんだ

终结掉就好了


終わってしまえばいいんだ

终结掉就好了


終わってしまえばいいんだ

终结掉就好了


君が居ない世界なら

若是你不存在的世界


終わってしまえばいつか

如果世界终结 那么终有一天


願った夢もどこか

曾经许愿的梦想也会在某一处


消えてしまっていたって

消失殆尽


普通のことさ

这都是普通的事


普通のことさ

这都是普通的事



空が遠く砕け散って

即使天空在远方破碎掉落


海が八つに裂けたって

大海四分五裂


それが何だって 僕らならって

那又怎么样    如果是我们的话…


言った声だって 嘘に変わるんだ

曾那样说过的声音 也会变成谎言


愛を何度注いだって

无论多少次倾注爱意


バカみたくあっけなく 枯れてしまった

都会愚蠢地轻易地  凋零枯萎


水底の花だった

原来那是水底的花


想いだった

原来那是思念




終わってしまえばいいんだ

完结掉就好了


終わってしまえばいいんだ

完结掉就好了


終わってしまえばいいんだ

完结掉就好了


君が居ないストーリーなら

若是你不存在的故事


終わってしまえば野暮な

如果故事完结


批評家達もどこか

那些庸俗的评论家们


消えてしまって

也会在某一处消失


至って平穏な日々さ

到来的将是平稳的日子


平穏な日々さ

平稳的日子



確かだって証拠なんて

即使被询问


あるのかって聞かれたって

有没有确凿的证据


何も無くたって それが何だって

就算什么都没有  又怎么样


言った声だって 街へ沈むんだ

曾那样说过的声音 也会在街道中沉寂


春は一瞬で過ぎ去って

春天转瞬即逝


バカみたくあっけなく 枯れてしまった

那愚蠢地轻易地  凋零枯萎的


水底の花だった

原来是水底的花


想いだった

原来那是思念










接着想搞两个傻,人类已经不能阻止我搞两个傻了——


四季折々に揺蕩いて

——怎么嗨心怎么来了别打我








四季折々に揺蕩いて

在四季交替中摇荡






水上から 花は道も狭に

花自上游而下 铺遍水面


木漏れ日が足を止めたら

若枝叶间细碎零落的阳光止住脚步


其処でお別れ

便应在那处告别


(ここから先は 違う世界だから)

因为在这前方   是另一个世界



口に残る ずっと好きでした

有句还未出口的话语 我曾喜欢着你


恋い焦がれている時間など

为爱苦苦焦灼的日子


ボクにないのだ

我未曾拥有



(好きだと言う 気持ちすら 言えなかった)

就连名为喜欢的这份心情 也未能说出



間違っても 間違っても

纵使有误  纵使有误


「君は恋しちゃいけないよ」

“君亦不可对谁倾慕”


バレないように耳打ちした

你在我耳边悄声细语的那天


あの日は 遥かの空

已去向遥遥远空




夜桜よ 舞え 踊れ

夜樱啊 翻飞吧 起舞吧


夢と 歌詠鳥を乗せて

乘上梦与黄莺


翌なき 春まで行け

去往那晚春之时


たとえ君が

即使你已


忘れてしまっても

遗忘所有



涼風よ 舞え 踊れ

凉风啊 扬起吧 徐徐交错


夏と 汗ばむ君の髪が

即使夏日与你沾汗的发丝


雲に隠れても

消散在云间


ずっと見惚れたい

我亦愿为此心醉


季節の 折々にて

在四季流转之间



(たとえ君が亡くなってしまう運命だとしても)

     就算你注定会消失





あやすように 伽してくれた夜は

哄我一般     彻夜长谈的夜晚


掬えども指を隙間を

想要留住 时间却从指间


するり溶けていく

转瞬流逝



(そんな大切な日々を 余さず救っていたのに)

  那些重要的日子    我明明可以一一挽救


君に触れて

自从触碰到你


(泣き虫なボクを慰めてくれるように)

   就像你安慰爱哭的我那样


優しくされてから

被你温柔相待以来


待ち望んでいた季節が

期盼的季节


いたずらに過ぎる

恶作剧般匆匆走过


間違ったな 間違ったな

终是错了    终是错了


「君に恋してしまったな」

  “我终是思慕于你”


甘いものはもう いらないくらい

到了甜食也不再需要的程度


好きみたいです

深深喜欢着你




秋雨よ 舞え 踊れ

秋雨啊 纷飞吧 溅起水花


白帝と律の調べ 頬の下紅葉

白帝与秋季音律  泛红的脸颊


雨催い 憂いを

乌云密布 将阴郁的心情


傘で 寄り添う理由に

作为伞下紧靠彼此的理由



風花よ 舞え 踊れ

雪花啊 翻飞吧 起舞吧


夜の 静寂を連れて

连同黑夜的静寂一起


その手 左のぽっけに

把那双手收进左边的口袋


入れたら 寄り添おう

之后 便互相依偎下去吧


季節の 折々にて

在四季流转之间





四季折々の風が

四季轮转之中的微风


君を 素敵に飾る

将你妆点打扮


遠い 夢のまた夢へ

也请把我 带到那遥远的


ボクを連れて行ってよ

梦中之梦里去




春と黒髪 夏の浅瀬 秋色の頬

春与黑发  夏季浅滩  秋色染颊


冬は 寝起きの悪い君も

冬日里有起床气的你


ボクは ボクは

我都    我都


どれも好きだったよ

无论怎样的你我都十分喜欢



山紫水明 染まる君と

和山紫水明映照其中的你


百花繚乱の日々よ

共度的繁花似锦的日子


記憶の彼方へ

去往记忆的彼方


ずっと見惚れたい

想要一直为之心醉


ずっと触りたい

想要一直触碰


さよなら さよなら

永别了   永别了


季節の折々にて

在四季流转之间



——上面简单易懂版

——是的,下面是我发烧烧傻了哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈



花自上游遍满川

枝下日光如却步

此处便是别离处

思慕之情未言尽

情爱于我皆是空


纵背离世间正道

心亦不可为谁顾

君曾与我悄细语

那日却已远长空



夜樱翻飞起舞际

我欲乘梦与黄莺

去往晚春入暮时

纵君已忘却所有


凉风拂来悠扬起

夏日薄汗沾青丝

虽已然消散云间

我亦心醉于四季




欲留长谈解忧夜

时光指间匆匆流

自触及温柔斯人

所盼时节逝如戏


终违背昔日之言

恍惚间思慕于你

此情深至苦亦甜



秋雨如珠纷纷至

白帝秋韵君染枫

天边乌云笼心头

借此共入纸伞中


晴时漱漱雪漫天

执君之手与静夜

依偎季节轮转间




春苗至冬雪之风

徐徐为君上红妆

愿引我至梦中梦



初春黑发夏时岸

秋色染颊冬朝愠

四时幕幕醉我心


山紫水明人相映

繁花往时成追忆

欲长久倾心相触

却话别四季之间











人总有一颗搞事的心x


死ぬにはいい日だった

死ぬにはいい日だった

那是个去死的好日子



Music:ピコン

歌とミックス:そらる






夏のさ

花が咲いて

嫌になって

日和ってた


夏天的花啊

盛开了

心生厌恶

天气放晴


誰かの

目のことや

日々のこと

気にしてた


我曾在意

某人的目光

和每天


だらだら

生きてた


浑浑噩噩地

活着


冷めてた

眼差し


心灰意冷的眼神


思い出だけ

ある

街並みを

踏みつけてた


走过那

只有回忆的街道




涙が

零れた

あなたに

触れて


泪水滑落

触碰到你


さよなら

忘れて

突き刺さる

惨めなまま


再见

忘了吧

悲痛贯穿了

依旧不堪入目的我






掠れた

息を吐いて

惰性だって

思ってた


嘶哑着

呼出一口气

这是习惯啊


枯れてた

街の中

蝉騒が

鳴り響いた


寂寥的街道

蝉鸣贯耳


瞳に

花びら

咲いてた

気がした


我发觉

眼瞳之中

有花瓣舒展开放


何にも

なれない

夏の中

夢見てたんだ


在不会成为任何的夏天里

作了一个梦




誰かと比べた

くだらぬ夏に


在那跟谁攀比的无聊夏日中


惨めで

何もない

僕が居て

蹲っていた


难看又身无一物的我

蜷缩在那里




苦しくなる度にさ

明日がただ遠くなる

死ぬにはいい日だった

冷めないままただ


每当痛苦起来啊

明天就只是变得更加遥远

那是个去死的好日子

温暖还未散去

只是……




水面に

花火ら

落ちていく夢


烟花纷纷坠入水面的梦境


あなたと

見てたら

覚めていく


若是与你一同梦见

便会醒来



涙が

零れた

あなたに

触れて


泪水滑落

触碰到你


さよなら

忘れて

生きていたい

惨めなまま


再见

忘了吧

我想就这样

难看地活下去









这是一首逼得我改格式的歌词(躺着给它点赞

标题本来想翻成适合寻死的日子,想了想,都什么时候了跳海(x)之前直接粗暴一点还是去死吧(喂

不会成为任何的夏天,我猜是这个夏天不会成为珍贵的回忆或者其他,这种感觉,咳咳


君に逢えたから

君に逢えたから 

正因为与你相遇  



Eufonius


詞:riya

  

曲:菊地創






日差しくぐった

阳光投落


夏の始まりの時

夏日初始之时


昨日とは違う日々が

与昨日不同的时光


動き出した

开始转动


少し離れて

拉远一些距离


君の笑顔の数を数えてる

细数着你的笑容


それだけで私も笑えた

仅是如此  我也变得能展露笑颜


いつだって私らしく

无论何时 都能作为我自己


君とだったら

只要是与你一同


迷わずいられるよ

我便能毫不迷茫地如此存在




心が痛い程

会幸福到


幸せだなんて

心痛的感觉


君に逢わなければ

如果没有与你相遇


ずっと知らなかった

我便一直不会知晓


同じ思い出を

现在 怀揣着


今抱きしめて

相同的回忆


やがて来る季節も

将要到来的季节也


一緒に過ごそう

一同度过吧






手と手 触れそう

手和手  快要相触


そんな距離でいる時

处在这种距离的时候


話してる君の声は

正在谈话的你的声音


淡く響く

淡淡回响


もっと近くへ

更靠近一点


二人 歩いた道は

两个人走过的道路


夕暮れのまだ先へ

会延续至黄昏的前方


明日へ続くよ

直至明天


君の事 守りたいと

我想要保护你


いつも素直に

无论何时 一定都能


きっと言えるから

坦率地说出




失う怖さより

比起失去的恐惧


素晴らしいものを

更加美好的东西


君と出逢ったから

因为与你相遇了


ちゃんと分かってるよ

我非常清楚哦


同じこの気持ち

相同的这份心情


今抱きしめて

现今怀揣于心


どうか永い間

愿能长长久久


変わらないままで

永不改变






心が痛い程

会幸福到


幸せだなんて

心痛的感觉


君に逢わなければ

如果没有与你相遇


ずっと知らなかった

我便一直不会知晓


同じ思い出を

现在 怀揣着


今抱きしめて

相同的回忆


やがて来る季節も

将要到来的季节也


一緒に過ごそう

一同度过吧






一首n年前被安利的歌,我的万年QQ签名出处(咳咳

是游戏的插曲,可能玩过游戏翻译会不一样然而我不玩(

或许算是复健?多年想翻的目标之一w





ずっとあなたのことを追いかけてきた,会いたくて、会いたくて、ありえないって分かっていでもただひたすら頑張ってきた。

把与你的相遇刻到生命里吧,让你的存在影响整个人生,那样的话我的存在本身就是我们曾经相遇的证明,就是你曾经活着的证明。即顽固又偏激。

夢を探してみよう、やりたいこと、将来どうしたいか、考えてみよう。あなたは何の為に歩き出したのだろう。いつか似たような眼差しで、駆けたい方向へ、歩き出せるといいね。

やりたいことはぼんやりしているけど、ちょっと掴めた気がするんだ。欲しいものも知っている。願いも覚えてる、最初のも、あなたと会ってからできたのも。

等见到你的时候,私はどんなものになっているのだろう,又会跟你讲一个怎样的故事呢。

聴いてくれますか?

今はまだ闇から目を逸らせなくでも、この世に光があるだってちゃんと知っている。あなたがくれた光も、教えてくれた温もりも、まだこの胸に。你给我的我都记着,我遇到的我也记着,即使常被掩盖但肯定全部都在的。

あなたの笑顔、見たいな。声も、子供たちと遊ぶ時も、皆とおしゃべりして、笑い合う時も、聞きたい、知りたい。

いつか会おうね、笑顔で。

出逢ってくれてありがとう。

おやすみ、

大好きな人。

                                                                                                                     2017.6.25

                                                                                                           第43回祭





今年居然没找到具体时间,不过也没特地花时间去翻箱倒柜w

今年も元気でいてね

誰の前で泣いたり できるほど強くもなくで
没有坚强到能够在某个人的面前哭泣

でも本当はもっと甘えたり 誰よりも先に頼りたかった
可是其实想要更多地撒娇 比起任何人最先想要依赖你

頑張ってたのは君に褒めて欲しいからで
曾经的努力是因为想被你夸奖

弱さ見せるのは気付いて欲しいからで
展露出自己的脆弱是想让你察觉

笑えてたのは傍に君がいったからで 分かってたでしょう
我那时之所以能够欢笑 是因为你在身旁 你也是明白的吧

                                              ——二人の記憶 ひいらぎ